在宅ワーク、データ入力ナビ
  在宅ワーク、データ入力ナビ >> 在宅ワークの種類
  在宅ワークには、どのようなタイプのお仕事があるのかを解説します。
おすすめ在宅ワーク ┃ 在宅ワーク、データ入力概要 ┃ 在宅ワークの種類 ┃ 在宅ワーク報酬目安 ┃ 在宅ワークの注意点
 
 在宅ワークの種類
 
在宅ワークには具体的にどんな仕事があるのかをを説明します。大きく分けると以下の3つのタイプに分類できます。

 1、初心者でも取り組める入力業務

代表的な在宅ワークです。みなさんが想像している在宅ワークと一致するのがこのタイプだと思います。特殊なスキルなどは特に必要ありません。誰でも挑戦することが可能です。


 ■ 文字入力
手書きや印刷された文章を、パソコンを使って入力していきます。「べた打ち」とも呼ばれます。ブラインドタッチ(キーボートを見ずに文字入力すること)が出来る方におすすめです。

 ■ テープおこし
インタビューや講演会、対談などの音声を録音したテープを聞きながらそれをパソコンで文字にしていく仕事です。聞いたままを文字にする素おこしと、文字数に合わせて書き直しをするリライトがあります。 想像以上に大変な仕事です。根気が必要となります。

 ■ データ入力
ダイレクトメール用の宛名入力や顧客データ、アンケートなどを入力していきます。性格に入力する必要があります。


 2、一定のスキルが必要な制作業務

制作という言葉の通り、ホームページを作成したり、雑誌や書籍、チラシのレイアウトを作ったり、イラストを自分で描いたりするお仕事です。パソコンの基礎だけでなく色々なアプリケーション、特殊なソフトを使える能力が必要となります。その分報酬は高くなりますが、一定水準のスキルが必要です。ゼロからのスタートでも努力次第で仕事を貰うことが可能です。

 ■ ホームページ制作
会社やお店・団体などから依頼されるホームページを作ります。会社などから直接仕事を受けるケースはまだ少数でありそれらの仕事を一括に請け負っている登録会社などを通して引き受けている在宅ワーカーが多いようです。ホームページ作成ソフトを使いこなせるようになる必要があります。若干のデザイン力も必要になります。

 ■ DTP(ディーティーピー)
デスクトップパブリッシングの略でパソコンの画面上で雑誌や書籍、チラシなどのレイアウトを作成する仕事です。Illustrator、Photoshopなどのレイアウトソフトを使用して作成します。これらのソフトを使いこなせる必要があります。

 ■ イラストレーター
文字通り、イラストを描く仕事です。デジタル化が進行していて、下絵をスキャナで読み込んでパソコンで着色したり、パソコンで一から描いたり、というケースがあります。これらもIllustrator、Photoshopなどのソフトを使用してイラストを描くのでそれらのソフトの知識が必要です。クライアントの意向にあわせた作品を作ることが出来るスキルも必要になります。


 3、専門的なスキルが必要なエキスパートタイプ

専門的なスキルが必要な在宅ワークです。その分野の知識や経験がない方には非常に難しいです。その分、単価は一番高い在宅ワークです。

 ■ プログラム制作
名前の通り、プログラミングです。 色々な仕事がありますが、在宅ワークとして依頼される仕事ではマクロを使ったものが多いようです。Accessなどのデータベースソフトでのマクロ作成、CGIの作成、VisualBasicでの開発など。と説明してもプログラム知識がない人にはさっぱりわからないと思います。仮にそれなりの資格をもっていたとしても、プログラミング経験がなければ仕事をもらえる可能性は低くなります。

 ■ 翻訳
英語から日本語に翻訳する仕事です。
主な仕事は下記の3つになります。
 ・ 文芸翻訳(書籍などの翻訳)、
 ・ 技術翻訳(特殊分野の本の翻訳)
 ・ メディア翻訳(映画の字幕の翻訳)

 ■ CAD
Computer Assistanted Designの略でコンピュータで建築物や機械の図面を書く仕事です。これもCADというソフトを使いこなせるだけでなく建築などの知識も必要となります。


 
 在宅ワーク、データ入力の紹介
 在宅ワーク、データ入力の基礎知識
 ・在宅ワーク、データ入力の注意点
 無料のネットを使った金儲けの紹介
 ・懸賞に参加して金儲け
 ・携帯電話で金儲け
Copyright (C) 2005 在宅ワーク、データ入力ナビ All Rights Reserved

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO